スタートアップ辞書

言葉意味
シリコンビーチシリコンバレーに続き、若きスタートアップが続々と集まる南カリフォルニア、ロサンゼルスの観光地であるサンタモニカ・ベニスビーチ周辺
シリコンバレーサンフランシスコ南部のサンノゼ周辺一帯地域。グローバルIT大企業が本拠地を構える一大拠点。
スタートアップ新規で設立した創業まもない会社。特に新しいビジネスアイディアで急成長しエグジットを狙う企業。
アクセラレーター「加速者」という意味から、既にある企業の事業を爆発的に成長・加速させるために必要な資金投資やサポートをする働きのことを
インキュベータースタートアップに対し起業と成長を支援する団体
プロトタイプ開発初期段階で動作確認用するための試作品。原型。
コワーキングスペース在宅勤務、起業家、フリーランス等、個人で働く人が必要な設備を共有しながら仕事を行う場所。共有者同志の情報交換の場でもある。
クラウドファンディングCrowd(群衆)とFunding(資金調達)の造語で、インターネット経由で不特定多数の人から資金調達や協力を募ること。ソーシャルファンディング。
チャットツールインターネット経由で個人または複数の人とリアルタイムでコミュニケーションができる手段。メール・電話・会議等に代わるは社内コミュニケーションツールとして活用されている。
インフルーエンサー影響、感化、効果を意味する「Influence」を語源とし、世間に大きな影響力をもつ人や事物のこと。特に、インターネットの消費者発信型メディア(CGM)において他の消費者に大きな影響を与える人。
CGM消費者生成メディアの略。インターネットなどを活用して消費者自らが情報発信、内容を生成していくメディアの総称。
ディスラプター直訳すると創造的破壊者。Uberに代表される最新テクノロジーを巧みに利用して既存の市場を切り開く企業。
ベンチャーキャピタリスト投資家等から資金を集め、手数料を取ってスタートアップに投資する企業。
コーポレートベンチャーキャピタル事業会社が自己資金によって自ら投資活動を行うための機能を持つ組織のこと。
インベスター投資家。株式や社債の保有者。
カンファレンス本来の意味は、会議・協議だが、同じ目的・テーマを持つものがその場に集まって、またメディア、インターネット等を通じて議論・話し合いをもつこととして使われる。
インターフェイス接点、境界面、接触面、橋渡しなどの意味。「ハードウェアインターフェース」「ソフトウェアインターフェース」「ユーザインターフェース」等。
デバイス機器、装置、道具。IT分野では電子部品、また周辺機器も含めて使用する場合が多い。
ウェアラブルメガネ型、腕時計型等、直接身体に着けられるコンピューター機器。
BtoB販売・購入がともに企業間で取引されること。製造業者と卸売、卸売と小売り等。
BtoC企業と一般消費者の間での電子商取引のこと。オンラインショッピング等。
BtoE企業が社員向けに物品やサービスを割安で提供すること。社員販売制度。
BtoG企業と政府や自治体との間での電子商取引のこと。公共事業の電子入札等。
CtoC企業ではなく、一般消費者同士の間での取引。ネット上のフリーマーケットやインターネットオークション等。
Eコマース電子商取引。インターネット等の手段を使って商取引を行うこと。オンラインショッピング等。
ピッチ投資家や顧客に向け、新しいアイディアやサービス(製品)等をプレゼンテーションすること。
エンジェル投資家エンジェル、ビジネスエンジェルともいう。スタートアップや創業間もないベンチャー企業等に資金を提供する個人投資家。
Indigogo2008年サービスを開始したアメリカ大手クラウドファンディングプラットフォーム。出資が決定した時点で投資が受けられる。
Kickstarter2008年サービスを開始したクリエイティブなプロジェクトのためのアメリカ大手クラウドファンディングプラットフォーム。期日までにキャンセルが可能である。
Slack2013年サービスを開始したアメリカのビジネス向けチャットツール。3年でユーザー数300万以上を突破。
ピボット本来は回転軸を意味するが、スタートアップ業界では当初とは違うアイディアや製品に路線変更すること、大きな軌道修正することとして使用される。
ディベロッパー開発業者、開発者。IT業界ではソフトウェア製作者を指す。
プラットフォーム檀上、足場の意から、ソフトウェアが動作するための基盤となるハードウェア、OS、またその設定、環境のこと。
シードステージスタートアップ起業「準備」段階。法人化やプロトタイプ前のビジネスモデル期。
Slack会社設立後、軌道に乗るまで。
DAU SNS等のソーシャルメディア・アプリにおいて1日にサービスを利用したユーザー数。利用状況・人気等を計る目安となる。
MAUSNS等のソーシャルメディア・アプリにおいて1ヵ月の間にサービスを利用したユーザー数。
WAUSNS等のソーシャルメディア・アプリにおいて1週間にサービスを利用したユーザー数。
アーリーステージ製品やサービスを市場にだし、事業が軌道に乗り始めの時期。投資家、VCから最初の資金調達を受ける段階。
グロースサービス・製品にユーザー、収益がある程度でき、チームも拡大する時期。第2段階目の資金調達期。
レイター組織が確立され、キャッシュフローも黒字となる時期。民間金融機関からの通常借入が行われることもある。
インキュベーター保育器の意から、スタートアップや創業まもないベンチャー企業に対し、経営アドバイス、資金調達、施設の提供等の援助を与える団体、組織。
アドテクアドテクノロジーの略。広告技術のことでインターネット広告における配信技術や、広告流通の技術のこと。
クラウドソーシングインターネット上で不特定多数の人を募り、サービスや業務を発注すること、またそのサービス。必ずしも雇用関係を必要とせず、不特定多数の人により共同で進められるプロジェクト全般を指す場合もある。
サムライインキュベート榊原健太郎氏が立ち上げたベンチャーキャピタルであり、シード期のスタートアップに対して小額の出資と支援を行う日本を代表するインキュベーター。
シェアリングエコノミーインター根とを介し、個人が保有する遊休資産(スペース、車等やスキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービス。
ワードオブマウス口コミの意。自然に広がるもののほかに、マーケッターが発生のきっかけを作ったり波及しやすい仕掛けをし、広める場合もある。
スイートマネー自己資金、兄弟・家族・友人からの資金。
エグジット(イグジット)株式売却(IPO)や会社譲渡などの方法で、スタートアップやベンチャー企業が投資した資金を回収し利益を得ること。
QCDQCDとは、ビジネスで重要な要素を挙げた標語の一つで、“Quality”(品質)、“Cost”(費用)、“Delivery”(納期)の頭文字を繋いだもの。