メガネにつけてウィンクで撮影する画期的な新ガジェット!‐BLINCAM-

0
261

しかし今回紹介するBLlNCAMは、メガネに装着しウィンクをするだけで、目の周りの筋肉の動きを感知し、撮影することができる。あなたの「見たまま」を「瞬間的」に「ハンズフリー」で撮ることができる、画期的なカメラBLINCAM。

今回はBLINCAMのCEO・高瀬昇太さんにお話しを伺った。

-高瀬さんのバックグラウンドについて教えてください。

最初は日系のSIerで、客先に常駐し金融系のシステムを担当していました。その後、事業サイドでシステムを見たくなり、大手外資系に転職しました。その在籍中、キャリアアップのためにビジネススクールに通い、そこの仲間とスタートアップウィークエンドに参加した際、初めて「スタートアップ」「起業」という世界を知りました。

そのうちビジネススクール生徒は皆、理論に基づいた「事業計画書」の書き方等のスキルが高い。逆にスタートアップウィークエンドの仲間はまず「実行」ありき。この二つを結び付けたら、もっと面白いコミュニティができるのではないかと、ビジネススクールでのスタートアップイベントを主催するようになりました。そこからスタートアップウィークエンドの主催者側に入り、運営に参加していく中で得たいろいろな出会いや知識をもとに、起業を決意しました。

-なぜ、いつこのサービスを始めようとおもいましたか?

去年の4月にIoTというテーマで行われたスタートアップウィークエンドのイベントで、ファシリテーターとして、事前にハードウェア系のスタートアップや専門家にお会いし、準備を進める中で「ハードウェア」「ウェアラブル」という点でまだまだこの市場にはチャンスがあるのではないか、また技術者等を探してチームを作れば、他のライバルが入りづらいのではないか、という点に着目しました。
当時ハードウェアはほぼ未経験でしたが、主催側から参加者に回り「Blincam」のアイディアをピッチしたところから、現在に至っています。

-資金はどうしていますか?過去に投資は受けていますか?

最初は自分たち3人の資金を入れて会社を立ちあげモックを作り、クラウドファウンディングで行こう!と簡単に考えていました。でも実際はそうは行かず(笑)、自分達の生活資金から増資しながら、いろいろな場所でピッチしたり、人を紹介してもらったりしているうちに、だんだん製作が進み始めました。
そして今年の春くらいに、ベータ版のテストが終わったので7月からMAKUAKEをはじめ、ちょうど終わったところです。そちらが予想以上に集まり、メディアにも取り上げられました。またAngelからは投資を受けていますが、VCからはありません。

-ターゲットや既存の競合との差別化について教えてください。

やはりコンシューマー向けには「ウィンクで写真が撮れる」というキャッチーで面白そうなガジェットだな、というところで広がりを期待しています。広い意味では”Go Pro”なども競合になるかもしれませんが、ただ「ウィンクで写真が撮れる」というものは現段階ではないと思います。

-今後のビジネス展開また、海外への展開を考えていますか?

最初は先に海外での展開を考えていましたが、いろいろなご縁があり現在は日本を拠点にしています。
ただ、CNET、CNBC、CNN等海外メディアで取り上げてもらったところ、海外、特にアメリカから直接問い合わせがかなり来ています。他にも台湾、東南アジアから結構来ていますね。なので、アメリカ、特に流行に敏感で新しいガジェットが大好きな西海岸が主要マーケットになるのではないかと考えています。

-今後、どのような投資家や企業とつながりたいですか?

次のラウンドで量産をしていくときに、アメリカが主要マーケットの一つになるのでそちらの投資を受けられたらいいな、という希望はありますが、実際に現地に行ってみてもなかなか難しいことがわかったので、もうすぐ始まる「Indigogo」で注目を集められたらいいなとは思います。ただ日本で受けるか、アメリカで受けるかというところは今後もう少し時間をかけて考えたいですし、日本で受けるとしても海外で展開することへの理解があるところと繋がりたいと思います。

-一日のスケジュール

朝は4時~5時に起きて、まずメールチェックをします。早朝のアメリカとのミーティング等もあるので早めに寝て、早く起きます。
その後、子供を保育園に送り、10時頃から事務所に行きます。昼間は打ち合わせやミーティングで出ることが多く、また社内には昼間は別の仕事がある者もいるので、夜のミーティングや会食があると帰宅が遅くなります。
週1~2回、早く帰ることができる日は、子供を迎えに行き、夜まで遊んで、そのまま一緒に寝てしまうこともありますね。

-一番使うアプリはなんですか?

やはりメッセンジャー、LINE、仕事ではSlackが多いです。

-お気に入りのハングアウトの場所を教えてください。

家の近くの沖縄料理店ですね。そこはすごく美味しくて、安いので、良く家族と行きます。そこで奥さんへの進捗状況報告をします(笑)普段は忙しくて中々ゆっくり話ができないので。
仕事中だと、スタバ、ドトール等のカフェ系ばかりです。

-影響を受けた人物は?

広い意味でいうと、ありきたりですがSteve Jobsの本や発言を通して影響を受けたと言えるでしょう。

近いところでは、現スタートアップウィークエンド代表のLeeさんです。ビジネススクールでのスタートアップイベントについて相談に乗ってもらったり、起業についていろいろ助言をもらったりしましたので、現在に至るには彼の影響が大きいと思います。

実際に製品を見せてもらったが、本当に軽くて小さくカメラとは思えない。やはり真っ先に浮かんだのは子供の写真撮影だが、料理をしながらのレシピ作成、自転車やスキー中の撮影にもぴったりだろう。アメリカからも注目されているとのことで「西海岸で流行中のBLINCAM!」のニュースが日本に入ってくる日も近いかもしれない。

返信

Please enter your comment!
Please enter your name here